イベントメディカリストバンド
2017.12.07

『たじみ健康マラソン2017』に出店しました。

「たじみ健康マラソン2017」に出店しました。

先日、12月3日(日)に開催された「たじみ健康マラソン2017」に、私たちパケモは今年も「メディカリストバンド」の販売ブースを出店致しました。
その際、たくさんの方にお立ち寄り、また、ご購入いただきありがとうございました。

今大会で4回目となった出店では、ブース運営もだいぶ熟れてきたこともあり、今年は少し「変化」を加えてみました。

毎年恒例「メディカリストバンドって何?」

当日レポートの前に、しつこいようですが「メディカリストバンド」のご紹介から。

「メディカリストバンド」とは医療ICカード「medica(メディカ)」の技術を、様々なスポーツシーンで携帯できるようにしたリストバンドです。
リストバンド内に埋め込まれたタグに、装着者の連絡先はもちろん、既往歴などの医療情報を書き込むことで、万が一の際には、救急隊員の専用端末で読み取り、より迅速な救急処置が可能となります。
現在、岐阜県下の全ての救急車に、読取可能な専用端末が配備されています。
「たじみ健康マラソン2017」に出店しました。

今年やってみたこと

ブース出店にあたり、毎年の課題として「何をやっているのか?」「どういった商品なのか?」が解りにくいという点が挙げられます。
そこで、ささやかながらも今回、以下の2点を企画しました。

・温かいお茶の提供

「たじみ健康マラソン2017」に出店しました。
今回「なによりもまず、ブースに来てもらう!」ことを目標としました。
12月の寒い季節ということもあり、気楽に立ち寄っていただくため、無料で温かいお茶の提供を行いました。
ブースでゆっくりしていただいきながら、商品説明等を行う機会を得るのが目的です。

しかし、正直、空振ったかな?というのが率直な感想です。
客観的に見て「温かいお茶ありますよ」アピールが絶望的に欠落していたことは否めません。
これは、毎年課題に挙がる「わかりやすいブース作り」に直結する問題であり、来年にむけてより取り組んでいかなればならない最重要課題です。

・最高齢者ランナーへのプレゼント

「たじみ健康マラソン2017」に出店しました。
たじみ健康マラソンでは毎年、参加者の中から最高齢者ランナーの方へ、市から記念品が開会式で授与されます。
今回、パケモからも市の記念品と共にメディカリストバンドをプレゼントさせていただきました。
最高齢者の方に実際に使用してもらうことで、万が一に備え、少しでもマラソンへの「安心」を提供することができればと、進呈させていただきました。
「たじみ健康マラソン2017」に出店しました。

今大会を終えて

今大会では、今までにはなかったリストバンドの破損による「交換」が数件ありました。
ユーザーの方々に伺うと、マラソン大会以外の日常でも使用していただき、その使用頻度の故の破損のようでした。
提供側としましては、それだけご愛用していただいていることを嬉しく思う一方、一年で破損してしまう耐久性に「難あり」ということを強く感じました。
この点に関しては商品の品質に関わることなので、早急に改善していきたいと思います。

また、現時点での仕様上、メディカリストバンドには「パケモが参画しているマラソン大会」という制限が存在します。
常日頃から身につけていただくことは可能ですが、上記制限以外のシーンではその機能を果たすことができないのが現状です。
この問題は、弊社だけでは如何ともし難い部分もありますが、日常使いでも商品価値をユーザーに提供できるようなしくみ作りは急務だと考えます。

さいごに

メディカリストバンドには、まだまだ問題が山積しています。
救急という性質上、私たちパケモだけではクリアできない問題もあります。
しかし、「メディカリストバンド」という商品の価値を上げていくことはもちろん、宣伝・普及活動など、自分たちができることはまだまだたくさんあります。
今回のようにトライ&エラーを繰り返しながら、一つずつ問題を解決していくことで、より多くのランナーの「安心」をサポートできるよう商品開発に邁進して参ります。
これからもメディカリストバンドをよろしくお願い致します。
「たじみ健康マラソン2017」に出店しました。