メディカリストバンド
2018.12.10

『たじみ健康マラソン2018』に出店しました。

「たじみ健康マラソン2018」に出店しました。

先週、12月2日(日)に開催された「たじみ健康マラソン2018」に、私たちパケモは今年も「メディカリストバンド」の販売ブースを出店致しました。
今年もまた、たくさんの方にお立ち寄り、また、ご購入いただきありがとうございました。

早いもので、今大会で5回目の出店となりました。

毎年恒例「メディカリストバンドって何?」

しつこいようですが、メディカリストバンドを知らない方のため「メディカリストバンド」のご紹介から。

「メディカリストバンド」とは医療ICカード「medica(メディカ)」の技術を、様々なスポーツシーンで携帯できるようにしたリストバンドです。
リストバンド内に埋め込まれたタグに、装着者の連絡先はもちろん、既往歴などの医療情報を書き込むことで、万が一の際には、救急隊員の専用端末で読み取り、より迅速な救急処置が可能となります。
現在、岐阜県下の全ての救急車に、読取可能な専用端末が配備されています。
「たじみ健康マラソン2018」に出店しました。

今年やってみたこと

今年こそは例年の販売本数を超えるべく、例年より早い時期から販売促進会議を開きました。
様々な案が挙がりましたが、社内の業務状況により、結果として例年より準備不足となってしまいました。

完全に敗戦の弁となりますが、早い時期からスタートを切ったこと、例年にはない様々な施策が挙がったにも関わらず、これらを活かしきれなかったことが本当に悔やまれます。

その中で唯一実施したこととして、価格の値下げを行いました。
今までメディカリストバンドは、1本1,000円で販売していましたが、今年から半額の1本500円としました。
いきなり商品価格に手を付けることはリスキーではありますが、より多くの方々に手にしてもらうため、気軽なワンコイン価格で提供することは、非常に有益ではないかと考えました。
「たじみ健康マラソン2018」に出店しました。

今大会の反省点

上記で述べたように、今年の目玉として価格の値下げを行いましたが、結果として例年より販売本数を下げるという結果となりました。
様々な要因があるとは思いますが、ひとえに「準備不足」が大きな要因ではないかと考えます。
価格改定の実施は、私たちにとっては大きな決断でしたが、その変化でさえも周知徹底を図ることができなかったことは大きな反省点の一つです。

また、毎年課題として挙がる「わかりやすいブース作り」に関しても、今年もまた例年と代わり映えしないブースとなり、得体の知れない感は拭い去れませんでした。
今年は特に競技場の「動線」が変わり、参加者の方々の視界に入る機会が減少したことで、ブース作りの重要性はより増したと考えます。
「たじみ健康マラソン2018」に出店しました。

さいごに

数々のネガティブな要因を並べてきましたが、一つの光明として、過去にご購入いただいたお客様からのデータのメンテナンスやお問い合わせなどがあり、弊社ブースの存在が少しづつではありますが、浸透してきたように思えました。

今年で、たじみ健康マラソンでのブース出店も5年目を迎え、地道な広報活動が少しづつ開花してきたように感じました。
これからも、より多くの方々にメディカリストバンドを知っていただき、利用してもらうため、継続的な宣伝・普及活動を行い、商品価値の向上に邁進してまいります。
これからも、メディカリストバンドをよろしくお願いいたします。
「たじみ健康マラソン2018」に出店しました。