メディカリストバンド
2019.12.17

『たじみ健康マラソン2019』に出店しました。

「たじみ健康マラソン2019」に出店しました。

去る12月1日(日)に開催された「たじみ健康マラソン2019」に、私たちパケモは今年も「メディカリストバンド」の販売ブースを出店致しました。
今年もたくさんの方にお立ち寄り、また、ご購入いただきありがとうございました。

今大会でメディカリストバンドブースも6回目の出店となりました。

毎年恒例「メディカリストバンドって何?」

このご紹介も5回目となり、いい加減もういいでしょ感はありますが、まだまだメディカリストバンドを知らない方のために今年もこのくだりから。

「メディカリストバンド」とは医療ICカード「medica(メディカ)」の技術を、様々なスポーツシーンで携帯できるようにしたリストバンドです。
リストバンド内に埋め込まれたタグに、装着者の連絡先はもちろん、既往歴などの医療情報を書き込むことで、万が一の際には、救急隊員の専用端末で読み取り、より迅速な救急処置が可能となります。
現在、岐阜県下の全ての救急車に、読取可能な専用端末が配備されています。
「たじみ健康マラソン2019」に出店しました。

今年の状況

今年はただただ準備不足の一言です。
昨年もここで「例年にない準備不足」と述べましたが、結局今年も十分な体制を整えることができず、この日を迎えてしまいました。
完全な言い訳になってしまいますが、日々の業務に忙殺され、なかなか販売計画を立てることができなかったことは、私たちにとって毎年のことながら大きな課題です。
日々の業務をこなしながら、一年という時間をかけ、この日に照準を合わせ、しっかりした広報活動、商品価値の向上に務めることは最低限やらなければならないことだと痛感しました。
「たじみ健康マラソン2019」に出店しました。

問題山積ではありますが…

今年は準備不足に加え、昨年のような「販売価格の値下げ(半額)」のような目玉はありませんでしたが、そんな中でも昨年と同等の本数をを売り上げたことは、ひとえにご購入頂いた皆様のおかげであり、私たちにとって一筋の光明でした。
また、ブースへお立ち寄り頂いた方々から、メディカリストバンドにたくさんの貴重なご意見を頂けたことは、これからの商品開発に大きなヒントとなりました。

皆様からのご意見の中で、特に多く寄せられたものが
「他県、または他大会で使用できないか?」
「練習時などの日常生活でも使えないか?」

これらの問題はこの商品のウィークポイントであり、逆に言えば、ここがクリアされれば、この商品がより多くの方に必要とされる商品になり得ることができるポイントでもあると強く感じました。
「たじみ健康マラソン2019」に出店しました。

さいごに

上記で述べた2点の問題は発売当初からの懸案事項であり、私たち一企業ではいかんともしがたい側面も持っています。
しかし、皆様から多くの声として上がっている以上、何かしらの形で解決していかなければならない問題点であることは事実です。
一気にすべて解決とはいかないかもしれませんが、少しでも皆様によりよい形で喜んでいただけるような商品開発を進めていきたいと思います。
また、このメディカリストバンドはまだまだ発展途上な商品ではあり、私たちがやれることはまだまだあると信じております。
より多くの方々にメディカリストバンドを知っていただき利用してもらうため、継続的な宣伝・普及活動を行い、商品価値の向上に邁進してまいります。
これからも、メディカリストバンドをよろしくお願いいたします。
「たじみ健康マラソン2019」に出店しました。